読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス裏情報

ネットでお金を稼ぐ人のための表のノウハウと裏のノウハウを公開しています。

初心者用の趣味のブログを書いてアフィリエイトする方法

f:id:taka0522san:20170424171444j:plain

 

趣味ブログアフィリエイトのススメ

 

初心者が継続しやすく、挫折せずに続けやすいのは、 趣味や特技、仕事などをテーマにした、特化ブログアフィリエイトです。

 

心理的な負担がなく、安定して稼ぎ続ける資産ブログにしやすい手法。

 

なぜ特化ブログがおすすめなのか、その理由を解説します。

 

このブログの内容は、下記になります。

 

初心者こそ取り組むべき特化ブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトの手法は大きく分けて 3 種類存在する

トレンドブログの特徴とメリットデメリット

物販ブログ/サイトアフィリエイトの特徴とメリットデメリット

特化ブログアフィリエイトの特徴とメリットデメリット

まとめサイト、アンテナ、キュレーションについて

どんなテーマでブログ運営をしていくかの考え方

読者が集まるブログ記事の書き方のポイント

 

 

初心者こそ取り組むべき趣味特化ブログ

 

 

一ヶ月に一万円のアフィエイト報酬を稼げないあなたが、

趣味ブログを継続して、一ヵ月に1万円を今後ずっと稼げるようになる、

アフィリエイト手法が分かります。

 

最初に答えを述べておきますと「継続」できるかできないかという事です。

 

 

毎月、一ヶ月1万円という報酬額は、作業を継続さえすれば、 誰にでも現実的に到達可能な数字なのです。

 

特化、トレンド、物販、それぞれのアフィリエイトの特徴や、 手法、戦略の違いを理解して、自分なら何ができるのか?を考えましょう。

 

その上で、自分の好きな事、趣味、特技、経験などに特化した、 趣味ブログアフィリエイトの利点をと戦略を、お伝えしていきます。

 

何をテーマにして、どんな手法でブログアフィリエイトを進めていくのか、

あなたが迷っているなら、是非参考にしてみてください。

 

 

さて、ブログを始めるにあたり、 何をテーマにブログを書けばいいのかという悩みがあります。

 

それは、人によっての向き、不向きや手法と戦略により違います。

人によって性格もやり方も、考え方も違うから、 「絶対にこの方法なら成功する」というものはないぞ。

 

そして、このレポートで推奨しているのは、 初心者が取り組みやすい、特化型ブログ・サイトアフィリエイトだ。

 

自分の特技、趣味、仕事などを活かした、 経験や知識をネタに、テーマを特化させたブログというものです。 その理由を、この記事で解説していきます。

 

 

アフィリエイトの手法は大きく分けて 3 種類

 

 

さて、特化ブログがどんなものか? を説明する前に、主流となるブログ・サイトアフィリエイトの、 3 つの手法を紹介していきますね。

 

細かい手法はたくさんあるが、 主に下記の 3 つのやり方で実践してる人が多いぞ。

 

トレンドアフィリエイト

 特化ブログアフィリエイト

物販ブログ/サイトアフィリエイト

 

 

 

勿論様々な手法はありますが、 例えば、キュレーションやアンテナ、まとめサイトなど… 自分で記事を書かずにできるアフィリエイトなどがありますが、

手法をすべて解説していると、きりがありません。

 

今回、ブログを自分で作り上げるという観点で、紹介していきたいと思います キュレーションサイトやまとめ、 アンテナサイトと言った手法を、どうして取り上げないかと言うと、 ハッキリいって、実力がつかないからだ。

 

まったくレベルアップが出来ないぞ。

 

自分で1から、記事を書いてコンテンツを作る力が、 育たないから、逆に初心者には向いてない。余計に遠回りになるからな。

 

 

ネットビジネスはー、 自分で文章を書いてー、読者が読みやすいように工夫して、 考えて、自分で記事を作っていける力こそが、 本当にこれからずっと使えるスキルなんだよー

 

情報を発信する力をつける必要性を理解して、 価値を提供していけるようになる事こそが、本当の実力と言える。

 

それでは、 このレポートでお勧めしている特化ブログアフィリエイトの手法と、 他の手法についての特徴やメリット、デメリットを比較していきたい と思います。

是非じっくり読んでみてください。

 

 

●トレンドブログの特徴とメリットデメリット

 

まず、初心者向けと謳われる、トレンドアフィリエイト

実践者も非常に多いのですが、挫折者もダントツで多いこの手法。

 

どういう手法か説明すると、 その時期、多くの人々が興味関心を持つ、 トレンド(流行)のネタを、ブログで発信していく手法だ。

 

ニュースや SNS などをチェックしたり、 雑誌などを見たりして、その時期に流行っているネタを探し、 ブログに書いていく事で、大量のアクセスを集めます。

 

 

初心者におすすめーと言われている理由はー、 流行ってるキーワードの穴場を狙う事でー、 強いライバルの隙をついて、沢山の PV が稼げるからなんだよー。

 

上手く出来ればー、本当にすぐ稼げるんだよー あと流行ってのは常に生まれ続けるからー、書くネタが無いーって事は、なくなるんだよー。

 

トレンドブログの強みは、キーワード選定能力が、 各段にレベルアップする事です。

 

どんなキーワードの選び方をして、どういうタイトルをつければ、 検索エンジン経由で人が集まるか?

という事を常に意識して更新していく必要があるため、 トレンドブログで思うように PV を集める事ができるようになれば、 他のネットビジネスにも応用できます。

 

トレンドアフィリエイトってのは、本気でやれば、 短期間ですごくレベルアップできる手法なんだよー

 

f:id:taka0522san:20170424172454j:plain

 

 

すべてのネットビジネス、アフィリエイトに使える、 基礎的な力がつくぞ。

 

ここでキャッシュポイントとなるのは、 グーグルアドセンス等の、クリック報酬型の広告です。

 

これらの広告は、クリックするだけで報酬が発生しますので、 大量のアクセスがあるブログと相性がバッチリです。

 

初心者でも、正しい手法で作業をしていけば、 一番短期間で稼げるようになる可能性が高い手法ですね。

 

 

もちろん、ネタによっては、 物販なんかも絡めていけばさらに報酬が狙えるぞ。

 

ただ、トレンドブログの特性上、 アクセスを大量に集める必要があるため、 扱うネタが、芸能、政治、スポーツ、ニュースなどと言った、 世間で広く、多くの人が興味を持つネタに偏ってきます。

 

つまり、アクセスを集めるために、 どうしても自分の興味がないネタも扱い、記事にしていく必要があるのです。

 

実はこれが、挫折の大きな原因となっています。

 

そんでもってー、トレンドネタってのはー、 その時期だけは集中的にアクセスがあってもー 一週間後とかー、一ヶ月経つとー 全く検索されない記事になる事も多いんだよねー

 

頑張って書いた記事も、時間が経過したらゴミになる、確率が高い。

 

使い捨ての記事になるから、常に流行を追い続けて、 常にブログを更新していかないと、収益がどんどん下がっていく。

 

 

あと、一番重大なトレンドブログのリスクというのが、 グーグルによるペナルティです。

 

ペナルティというのは、あなたの頑張って書いたブログが、 検索結果に表示されなくなるというものです。

 

 

トレンドブログで扱うネタってのは、 多くの人が同じ流行を追って記事を書くから、 みんな同じような、似たような内容になりやすいんだ。

 

—-【色んなトレンドブログを見たグーグルさんの気持ちここから】—-

 

なんだこのトレンドブログ

…言い方を変えてるだけで、 他のブログと書いてある事や内容、全部一緒じゃねーか。

 

ゴミか。これはゴミブログなのか。

…… ネット上にゴミを ばらまくんじゃねえ! ぶっとばすぞ!!!

 

 

ドロー!ペナルティ発動! 同じような内容しか書いてないゴミブログは… 何度でも検索結果の圏外に落とすことが出来る!

 

そうか…あの時…!

 

…なんだこの画像は。無断で芸能人の写真を使っているな。

 

ドロー!追加攻撃!ルール違反の広告の配信停止!

 

アドセンスアカウント剥奪

 

もうやめてー!ぐーぐるさん! トレンドブログのライフはゼロよ!

—-【色んなトレンドブログを見たグーグルさんの気持ちここまで】—-

 

 

 

つまり、こういう事例報告が少なくないです。

 

ペナルティが発動した場合、 検索流入が無くなるため、

そのブログからの収益がほぼ消滅し、 頑張って積み上げてきた記事に意味がなくなってしまいます。

 

 

 

もちろん、書く内容に 気を付けて運用していけば、ペナルティは受けずに済む。

 

しかし、やっぱりトレンドブログの性質上、リスクは常にある。

 

■トレンドアフィリエイトの特徴

 

 主にクリック報酬型のアフィリエイト広告で収益を得る

初心者でも短期間で成果が出やすい

キーワード選定能力がものすごく上がる

 興味のないネタを書かなければいけない

 流行を常に追い、常に記事を更新し続ける必要がある

ペナルティを喰らうと全てが水の泡

 

ただ、トレンドアフィリエイトも様変わりしてきて、 物販を重ねたり、一発の大きいネタを狙いつつも、 長期間、または毎年同じ時期に検索需要が伸びるネタを、積み重ねてい く事で、資産化していくという方法にシフトしてきています。

 

トレンドでありながらー、 長期間検索される記事を積み重ねる方法だよー。

 

主に、イベントとか年中行事とかねー。

安全なネタを扱っていけば、ペナルティとは無縁です。

ただ、美味しいネタはライバルもめっちゃ多いけどねー

 

 

●物販ブログ/サイトアフィリエイトの特徴とメリットデメリット

 

物販アフィリエイトというのは、 特定の商品や、サービスの成約を目的として、 ブログやサイトを運用していく事です。

 

物販サイトの設計は、やる事が多いぞ。

 

 扱うアフィリエイト商品や案件を決める

 需要と市場調査を行う

 ライバルチェック&リサーチの

 ブログタイトル決定

 記事のキーワード選定

 

 

…とこんな感じで、 物販アフィリエイトは、計画が全てだ。

 

初心者でもやってやれない事はないけども、 やっぱり初心者にとっては、決めていく事が多く、 効率的に進めるのが難しい傾向があります。

 

合ってるのか正しいのか、 分からないまま進める事になるからねー。

 

最初の商品選びや、市場調査の段階でミスってたら、 軌道修正ができないからねー。

 

 

 

せっかく、作業してもー、 それが間違ってたら、全く無駄になっちゃうからねー

 

ある程度、他の手法でコツを掴んでから、 挑戦する方が無駄のないアフィリエイトです。

 

やる事がわかってさえいれば、あとは淡々と作業するだけなので、 そういう意味では、作業そのものは楽です。

 

ただ、一回やり方を掴んで、 収益の上がるサイトを作る方法が分かれば、 二つ目、三つ目と、どんどんサイトを作れば、 積み重ねるようにして収益を伸ばしていけるぞ。

 

特定の商品を対象とした物販サイトってのは、基本的に一度作ってし まえば、あとは定期的にちょこっとメンテナンスをするだけで、 永続的に収益を運んでくれます。

 

 

完成したら、放置出来るから、 次のサイト製作にも集中してとりかかりやすい。

 

沢山サイトを作っていく事で、リスクの分散にもなります。

 

どんどんサイトを作り、積み重ねていく事で、 安定して収益を伸ばしていく事が出来ます。

 

 

■物販ブログアフィリエイトの特徴

 

 キャッシュポイントは特定の商品やサービスの成果報酬

 サイト設計と計画性が重要

 初心者には効率が悪く不向き

 初期段階でミスると軌道修正できず作業が無駄になる

 完成すれば放置でも収益が安定する

 

トレンドアフィリエイトや、 後述する特化ブログアフィリエイトで、 経験を積んでから取り組むのが、無駄がないです。

 

 

●特化ブログアフィリエイトの特徴とメリットデメリット

 

さて、おまたせいたしました。

 

このブログで私が推奨しているのは、 趣味、特技、仕事や経験などを元に、テーマを特化させた、 特化ブログアフィリエイトです。

 

ここからは、特化ブログアフィリエイトの特徴について、お話します。

 

なんといっても、好きな事をテーマにした特化ブログアフィリエイトは、 継続しやすい、続けやすいという点が一番のポイントだ。

 

自分の興味のある事柄なので、 普通に記事を更新していくだけでも、内容の濃い記事になります。

 

また他のブログとの差別化になるので、 ペナルティなども無縁のブログ運営が出来ます。

 

 

ひとつのブログを大切に育てて、 確実に資産に変えていける、一番やりやすい方法だねー。

 

コツコツ堅実に、収益を積み重ねていきたい人におすすめ。

 

また、流行を追わなくてもいいので、 空いた時間に少しずつでも進めていく事が出来ます。

 

あとー、トレンドブログや他のやり方みたいにー、 自分の興味のない事を、無理にブログ記事にしなくていいから、 記事を書くときの心理的な負担が、ないんだよー

 

ただ、この趣味、特技、仕事や経験を活かした特化ブログというのは、 続けやすい反面、報酬が発生して、伸びていくのが、 トレンドアフィリエイトをはじめ、他の手法に比べて、 比較的ゆるやかです。

 

 

テーマにもよりますが、報酬の発生が遅くなる事もあり得ます。

 

 

トレンドブログとの対比として、 トレンドはイッパツ当たればその時だけ大きく稼げるが、 好きな事特化ブログは、 ゆるやかな右肩上がりがずっと継続するという感じだ。

 

 

時間は掛かりますが、最終的には、 トレンドアフィリエイトに比べて、 少ない作業量で、継続して長期間安定して、稼いでいけるのが、 何よりの特化ブログアフィリエイトの利点です。

 

 

堅実に続ければ、ひとつのブログで、 サラリーマンの月収以上ってのも普通に稼げる。

 

ただ、半年から 1 年、2 年と、しっかり続ける必要はあるぞ。

 

手を止めてしまえば、報酬がストップするトレンド手法と、 積み重ねていけば報酬が継続する特化ブログ… 長い目で見れば、特化ブログを続けていくほうが、 最終的には効率がいいのです。

 

ひとつのブログを大切に育てていく手法だからー、 その物事に興味があって、ブログ更新そのものを、 楽しめるって人が、成功しやすいんだよー

 

どうやって収益に繋げるかだが、 これはクリック報酬型と、成果報酬型、 どちらの広告も運用していく事になる。

 

 

好きな事に特化させたブログの特徴として、 お前と同じ趣味や考え方を持った読者が集まりやすいんだ。

 

 

だから、自分の趣味、仕事で使っている商品や、 サービスなども、実体験を交えて紹介していくだけで、 かなり成約率も高くなり、報酬が出やすいメリットがある。

 

 

運営を続けていくうちに、 ピッタリなアフィエイト案件が見つかれば、 超強力な物販サイトにも化けます。

 

初心者にお勧めする理由として、大きなテーマさえずれてなければ、 軌道修正もしやすいし、運営しながら、 いろんな戦略を練り、組み込んでいく事が出来るからです。

 

自分の実力に合わせて、戦術を臨機応変に変えていける。 自分の成長にあわせて、ブログも成長させていく事が出来る。

 

これが好きな事をテーマにした、特化ブログアフィリエイトの利点だ。

 

でも、最初から金儲けの意識が強く出過ぎると、 「売り込みされている」と感じた読者はどんどん逃げていきます。 ブログのファンになってもらう事を第一に考えてください。 ファンになってもらいリピーターを増やすことが大切です。

 

■趣味特化ブログアフィリエイトの特徴

 

 キャッシュポイントはクリック報酬型&成果報酬

 ひとつのブログをコツコツ育てていく

 ニュースや流行を無理に追いかける必要が無い

 ターゲットが把握しやすく明確

 非常に継続しやすい

臨機応変に収益化しやすい

 流行を追わずともコツコツ積み重ねれば必ず収益が出る

 報酬の伸びがゆっくりで遅い

 

 

最初のうちほど、焦らずに、 楽しんでブログを更新しようという気持ちを持つことが大切です。

 

ブログ更新をしている、あなた自身が、 自分のブログを好きになる必要があります。

 

よって、この特化ブログアフィリエイトに向いてない人は、

 

何が何でも早く稼ぎたい

とにかく楽して稼ぎたい

難しい事、面倒くさい事をせずに稼ぎたい という人です。

 

というか、こういう人はどんな手法しても失敗します。

 

逆に、趣味特化ブログに向いている人は

 

楽しんでブログ更新がしたい

一日少しでも作業時間を取ってコツコツ継続できる

着実に確実にブログを資産に変えていきたい

 

こういう人にはぜひ挑戦してほしいと思ってます。

 

トレンドアフィリエイトに挫折した人にもおすすめな手法だ。

興味のない事や、ニュースを追わなくていいからな。 精神的、心理的なしんどさがなくなるぞ。

 

 

まとめサイト、アンテナ、キュレーションについて

 

自分で記事を書いたり、つくったりする必要のない、 最近流行のアフィリエイト手法。 これらの手法を説明しますと…

 

 

まとめサイトとは まとめサイトっていうのは、2chまとめなど、 掲示板等の情報をコピーしてブログに分かりやすくまとめたものです。

 

■アンテナサイトとは 次に、アンテナサイトというのは、 たくさんのブログの最新情報を集めたリンク集の事です。

 

■キュレーションサイトとは そしてキュレーションというのは、複数のウェブサイトやブログから、 情報を抜粋してまとめて利便性を高めたものです。

 

ネイバーまとめなどをイメージすると、分かりやすいかもしれません。

ブログネタを自らは作らず、二次情報に頼り切ったこれらの手法は、 この記事では紹介はしません。

 

別のレポートで解説しています。 また、初心者におすすめとは、言い難いです。

 

趣味特化ブログのメリット 続けられる理由

 更新が苦にならない

 流行を無理に追わなくてもいい

 自分と同じ属性のユーザーが集まる

 相手の気持ちが分かりやすいから物販成約しやすい

 着実にブログのファンを増やせる

 

もちろん、正しい記事の書き方や、キーワードのつけ方などはあります。 しかし、アフィリエイトで収益が出ない理由のほとんどが、 継続して作業をしていないという原因です。

 

まずは、ブログに慣れる。ネットに慣れる。

 

キーボードを使って文章を打つことに慣れる。 これが、大事なのです。

 

ネットが嫌いな人は、そもそもアフィリエイトは絶対無理です。

逆に言えば、自分の好きな情報を発信していく過程で、 パソコンスキル、ネットのスキルを上げつつ、アフィリエイト手法などを、学んでいくのに、 趣味特化ブログというのは、最適なメディアなのです。

 

 

自分が語れるくらい好きな事をテーマにする

 

 

まずお勧めするのが、自分が語れるくらい、 大好きな事柄をブログの主題にする事です。

 

なぜ、ブログアフィリエイトの挫折者がこんなに多いのか… 考えた事はありますか?

 

 

その答えは、前述した通り【継続できないから】です。

 

アフィリエイトで成果が出ない人で諦めた人は口をそろえて、 「アフィリエイトなんて稼げない!」 と言いますが、それって、ただ単に、間違った方法で進めてたり、 そもそも、全然作業してないからなのです。

 

 

しかし、どのノウハウも基本的に、正しい手順で行って、 継続さえすればばある程度の成果は確実に出る。

 

確実に、だ。 トレンドだろうが、まとめだろうが、ツイッターだろうが YOUTUBE だろうが、 なんでも正しくやれば、成果はでる。

 

f:id:taka0522san:20170424175049j:plain

 

基本的にアフィリエイトって、 本業を持っている方が副業で始める事が多いです。

しかし、そんな軽い気持ちで始めてみると、 思った以上に、作業が苦痛で、いつのまにか、やらなくなるんです。

それで、おしまいです。

成果なんて、出るはずがありません。

 

 

 

特に、初心者向けと謳われる、 トレンドアフィリエイトなんてのが代表だ。

 

興味のないジャンルのニュースをみて、リサーチ調査して、 使い捨てになるであろう記事の、キーワード選定に頭を悩ます。

どんだけ苦行なのか。

そりゃ続かないのも当然だな。

 

 

つまり、よっぽど覚悟ある人とか、 一日に大量に時間が合って、集中できる人くらいしか、 なかなかスムーズにいかないんですよね。

 

しかし、ブログテーマが、自分の好きな事ならどうでしょうか?

 

自分がある程度知識を持っていて、人に話せそうならば…趣味じゃなくても、良いです。

 

 趣味

 特技

 仕事

 経験

 

とにかく、自分が長く携わっている事や、 素人よりは、知っている…という程度の知識でもあれば十分。

 

語れるといったら大げさですが、人に説明できるような事柄があれば、 それが十分、ブログテーマになります。

 

どうすればわかりやすいかな?

どうすれば伝わりやすいかな?

どんな記事を書けば喜んでくれるかな?

 

という事を考えながら、記事を書いたり、調べていくうちに、

自分の知識も深まってきますし、ブログ更新がどんどん楽しみになってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブ ロ グ の ネ タ が な い ! ネ タ 探 し に 困 っ た ら こ の「 3 つ の こ と 」を や っ て み て !

f:id:taka0522san:20170424170006j:plain

 

ど れ も 書 き た い こ と ば っ か だ し 。

う わ ー 、 ど れ か ら 書 こ っ か な ぁ 。 悩むなー … 、 で も 楽しい 。

 

あ な た に も 、 是 非 こ の 感 覚 を 味 わ っ て ほ し く て こ の 記 事 を ま と め ま し た 。

 

ブ ロ グ の ネ タが な い ! ネ タ探 し に 困 っ た ら …

 

も し 、 あ な た が ブ ロ グ ネ タ に 困 っ て い る な ら 、

こ れ か ら 話 す 「 3 つ の こ と 」 に つ い て ち ょ っ と 考 え て み て 下 さ い 。

そ う す れ ば 、 ブ ロ グ ネ タ が ポ ン ポ ン と 浮 か ん で く る と 思 い ますよ !

 

 

1 、 変 態 だ と思 わ れ て も 構 わ な い ぐ ら い 好 き な 事 を 真 剣 に 書 く

 

こ の 記 事 を 読 ん だ 瞬 間 「 あ っ 、 こ れ だ っ ! 」 っ て 思 い ま し た 。

C H A G E a n d A S K A を 知 ら な い 人 は い な い 。

 

彼 ら の 楽 曲 を ま っ た く 聞 い た こ と が 無 い 人 は 、

日 本 に は ほ ぼ 存 在 し な い だ ろう。

 

同 様 に A S K A の 名 前 を 知 ら な い 人 は い な い … い な い …

最 近 余 計 に い な く な っ た 。

 

色 々 な 意 味 で A S K A よ り も 地 味 な 存 在 と な っ て し ま っ て い る C H A G E 。

今 日 は 知 ら れ ざ る C H A G E の 真 実 5 つ を お 伝 え し よ う 。

~ 以 下 、 略 ~

 

出 典 : 本 当 は 凄 か っ た ! C H A G E が も っ と 評 価 さ れ る べ き 5 つ の 理 由 何 だ ろ う ? 読 ん だ 後 の 「 心 が 揺 さ ぶ ら れ た 感 じ … 」

 

 

う ま く 文 章 に で き な い い だ け ど 、 「 な ん か イ イ っ ! ! 」

昨 日 ま で 全 然 興 味 な か っ た け ど 「 C H A G E 」 聞 い て み よ う か な ?

 

と 思 わ せ る 、 こ の 文 章 の 破 壊 力 と 言 っ た ら 凄 い で す 。

 

あ ー 、 こ う い う 感 じ で 「 自 分 が 好 き 」 っ て 思 え る 気 持 ち を 言 葉 に で き た ら 素 敵 だ な ぁ ~ っ て 。

 

全 て が 著 者 の 「 落 合 さ ん 」 に し か 書 け な い 言 葉 。

 

そ の 行 間 か ら あ ふ れ 出 す 「 C H A G E 」 へ の 愛 。 す っ ご い 「 C H A G E 」 好 き な ん だ ろ う な … 。

 

文 章 読 ま な く て も 伝 わ っ て く る ぐ ら い 情 熱 が 文 字 に 乗 っ か っ て

モ ニ タ ー か ら 飛 び 出 し て 自 分 の 顔 に 向 か っ て く る 感 じ … 。

 

何 だ 、 こ の 感 じ … 。 凄 す ぎ る … 。

 

・ こ ん な こ と 書 い た ら 変 態 だ と 思 わ れ る な …

・ こ ん な こ と 書 い た ら キ モ い っ て 言 わ れ る か も …

そ ん な こ と 気 に も し な い で 表 現 で き る っ て「 素 敵 だ な ぁ ~ 」

 

※ あ っ 、 誤 解 の 無 い よ う に 言 っ て お き ま す が

著 者 の 「 落 合 さ ん 」 を 変 態 だ と か キ モ い と か 思 っ て い な い で す よ 。

 

こ れ は あ く ま で も 例 え な の で 。

 

つ ま り そ れ ぐ ら い 好 き だ っ て 気 持 ち を 文 章 に し よ う !

っ て こ と を 私は言いたいだけです … 。

 

是 非 、 こ の 記 事 読 ん で み て 下 さ い 。

m-ochiai.net

 

「 俺 も こ う い う 記 事 が 書 き た い ! 」 っ て 思 う は ず 。

 

 

さ て 私 の 場 合 は ど う で し ょ う 。

 

1 . 福 山 雅 治

2 . サ ザ ン オ ー ル ス タ ー ズ

3 . タ イ ガ ー & ド ラ ゴ ン ( ド ラ マ の こ と ね )

 

こ の 落 合 さ ん の 記 事 に 刺 激 さ れ て 「 俺 も 好 き だ ぁ ~ 」 と 叫 べ た く な っ た の は こ の 3 つ か な 。

 

 

 

他 に も あ る だ ろ う け ど 、

 

パ ッ と 思 い つ い た こ れ を 今 度 記 事 に し よ う !

 

う ~ ん 、 タ イ ト ル は 、

「 細 か す ぎ て 伝 わ ら な い … 男 が 惚 れ る 福 山 雅 治 の 魅 力 」 と か か な 。

 

な ん か イ イ か も 。 そ れ で は 、 2 つ 目 い き ま す 。

 

f:id:taka0522san:20170424170215j:plain

 

2 、 「 あ な たの体 験 談 」は他 人 に と っ て非 日 常 で 面 白 い

 

そ の 人 が し た 経 験 と い う の は 誰 も が 面 白 い も の に な る 可 能 性 が あ る よ ね ?

 

例 え ば 「 恋 愛 話 」 な ん か は 、 1 つ 1 つ が 物 語 だ し 、

 

若 い 女 子 が 2 ~ 3 人 集 ま れ ば 「 で 、 最 近 ど う ? 」 っ て 1 0 0 % 恋 愛 話 し て る よ ね 。

 

「 月 9 」 で も 「 テ ラ ス ハ ウ ス 」 で も 恋 愛 話 っ て の は い つ の 時 代 も ど こ に で も 転 が っ て い る 物 語 だ け ど 。。。

 

人 の 数 だ け 物 語 が あ り 、 と に か く 人 の 恋 愛 話 っ て の は 絶 対 に 面 白 い 。

 

 

 

そ し て 、 「 人 の 体 験 談 」と い う の も 、人 の 数 だ け 物 語 が あ り 面 白 い 。

 

私 自 身 も ブ ロ グ を は じ め て 改 め て そ の 力 の 凄 さ に 気 づ い た 。

 

 

自 分 に と っ て は た だ の 体 験 談 で 「 誰 が こ ん な 話 、 興 味 あ ん の ? 」 っ て 思 い な が ら と り あ え ず 書 い た 記 事 が 意 外 に も す っ ご く 人 気 記 事 に な っ て ビ ッ ク リ 。 そ れ が こ の 記 事名 です。

 

 

■ 「 ト ヨ タ 自 動 車 の 株 を 7 年 間 持 っ て い た 結 果 。 配 当 金 の 合 計 は ? 」

■ 「 【 株 主 優 待 カ ー ド が 凄 い ! 】 三 越 伊 勢 丹 の 株 買 っ て 良 か っ た ! 」

 

特に、 ↑ の 「 三 越 伊 勢 丹 」 の 話 は 自 分 に と っ て は 当 た り 前 すぎて

「 み ん な 知 ら な か っ た の ? 」 っ て ぐ ら い 日 常 的 な 感 覚 に なっ て た け ど 、

 

こ の 話 を 知 ら な い 人 に と っ て は 当 然 、 非 日 常 的 な 話 。

 

つ ま り 「 他 人 に と っ て は 非 日 常 」 だ と い う 感 覚 す ら な か っ た … 。

 

そうか … 。 今 、 書 い て い て 気 づ い た け ど 、 「 他 人 に と っ て は 非 日 常 」 こ れ っ て 重 要 な キ ー ワ ー ド だ ね … 。

 

 

 

自分に と っ て は 当 た り 前 で も 、 他 人 に と っ て は 非 日 常 … 。

 

ぼ ぉ ~ っ と 考 え て た ら 、 こ ん な ネ タ が 浮 か ん で き た 。

 

1 . F X で 大 損 し た 話

2 . ロ レ ッ ク ス を 買 う ま で 1 0 年 以 上 悩 ん だ 話

3 . ヨ ド バ シ カ メ ラ の お 得 な 話

4 . ス ポ ー ツ オ ー ソ リ テ ィ の お 得 な 話

5 . 伊 勢 丹 の 謝 恩 セ ー ル の 話

 

 

ど れ も 書 く の 楽 し そ う だ な … 。

自 分 の 体 験 談 だ し ね 。 は い 、 で は 3 つ 目 い き ま す 。

 

 

3 、 テ レ ビ 番 組 を 自 分 の意 見 も 入 れ て ま と め る

 

以 前 読 ん だ 齋 藤 孝 さ ん の 本 の 中 に 、こ う い う 記 述 が あ り ま した。

 

例 え ば 、 コ ン ビ ニ エ ン ス ス ト ア の 経 営 者 が テ レ ビ で 、

お で ん 開 発 の 苦 労 話 を 語 っ て い た と し ま す 。

 

「 最 初 の こ ろ は 、 汁 は 煮 詰 ま っ て 濃 く な っ ち ゃ う し 、 店 中 に 匂 い は 充 満 す る し 大 変 で し た 」 あ な た は そ れ を 文 章 に 再 現 し ま す 。

 

~ 中 略 ~

 

こ れ を メ ー ル で も ら っ た 人 は 、な か な か 重 宝 す る も の で す 。

 

そ の 番 組 を 見 損 ね て い た と し て も 内 容 が 分 か る し 、

番 組 を 見 た ら 三 十 分 な り 一 時 間 な り 時 間 を 取 ら れ ま す が 、

誰 も が ま と め て く れ た 文 章 を 読 む の な ら 、 あ っ と い う 間 に 目 を 通せ る 。

 

何 よ り 、 普 段 自 分 が 触 れ て い な い 情 報 を 与 え て も ら え る と い う の は

あ り が た い こ と で す 。

 

出 典 : 誰 も 教 え て く れ な い 人 を 動 か す 文 章 術 ( 講 談 社 現 代 新 書 ) 齋 藤 孝 ( 著 ) ( 3 1 - 3 2 ペ ー ジ よ り )

 

 

あ な た も テ レ ビ を 見 て い て 、

 「 あ ー な る ほ ど ぉ ー 。 ス ゲ ェ ー 」

 「 こ れ 勉 強 に な る ぅ ~ 」

 

っ て こ と あ り ま す よ ね !

 

 

そ れ を 見 て お し ま い に す る の で な く 、 自 分 の フ ィ ル タ ー を 通 し て 、

番 組 で 学 ん だ こ と を ま と め て み る の は い か が で し ょ う か ?

 

こ れ を や れ ば 、 「 文 章 化 す る 」 「 ま と め る 」 と い う 作 業 を 通 じ て 、 内 容 が よ り ク リ ア に な り ま す し 確 実 に あ な た の 知 識 と し て 頭 に 定 着 さ せ る こ と が で き ま す 。

 

し か も 、 そ の 知 識 を ブ ロ グ を 通 じ て 伝 え る こ と で 、

読 み 手 に 感 謝 さ れ 、 ま た あ な た の ブ ロ グ に リ ピ ー ト し て く れ る か も し れ ま せ ん 。

 

 

私 の 場 合 は 、

 

1 . F O O T × B R A I N ( テ レ ビ 東 京 )

2 . 奇 跡 の レ ッ ス ン ~ 世 界 の 最 強 コ ー チ と 子 ど も た ち ~ ( N H K )

 

な ん か は 、 誰 か に 伝 え た い ! っ て 思 う 時 が あ る し 、

自 分 の 脳 ミ ソ に も 焼 き 付 け た い ! っ て 思 う こ と が 多 々 あ る の で 近 い う ち に 、 記 事 に し た い と 思 い ま す 。

 

っ て か 、 必 ず します。!

 

 

ど う で す か ? 3 つ の ブ ロ グ ネ タ 探 し の コ ツ を 読 ん で 、

ア イ デ ィ ア が 湧 き 出 て き ま し た か ?

 

 

う わ ー 、 ど っ か ら 書 こ っ か な ぁ 。 苦 し い … 、 で も 嬉 し い 。

今 そ ん な 感 覚 で す か ?

 

 

だ っ た ら 私 も 嬉 し い で す !

 

こ の 記 事 を 書 い て 私 に と っ て 良 か っ た の は 、

ネ タ が 見 つ か っ た こ と と 、 自 分 へ の コ ミ ッ ト メ ン ト を し た の で 、

「 こ の ネ タ で 記 事 を 早 く 書 か な く ち ゃ ! 」

と い う 意 識 が 生 ま れ た こ と 。

 

早 く 書 か な い と 「 あ い つ 、 ま だ 書 い て な い の か よ ! 」

と 思 わ れ ち ゃ う 。

 

 

自 然 と 意 識 が そ ち ら に 向 き ま す 。 っ て こ と で 記 事 に す る ス ピ ー ド が 速 く な る か も 。

 

と 自 分 に ち ょ っ と 期 待 … 。

 

 

何 か ど う し て も 早 く や り た い 事 が あ る 時 は 、 ブ ロ グ に 書 い て オ ー プ ン に し て 、 コ ミ ッ ト メ ン ト す る の が 良 い か も し れ ま せ ん 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトもできる! Seesaa ブログ開設の手引

Seesaa ブログとは

 

SeeSaa ブログとは、無料で利用可能なブログサービスです。

 

商用利用が可能でアフィリエイトの制限もなく 無料で作成することができます。

 

ファイルをアップデートできる容量は 100MB、 申請により無料で 2GB まで増やせます。

 

1つのファイルのアップロード上限は 25MB で、 ファイルの種類(テキスト、画像、PDF、音楽ファイルなど)に 関しては制限がありません。

 

デザインのカスタマイズは自由度が高く、 広告は無料で非表示にできるのが良心的。

 

しかも1つのアカウントで最大5つまでブログが作れるので

 

、 複数のブログを持つのに何度も面倒な 登録をしなくて済むのです。

 

 

■ブログの開設から    記事の作成手順

 

それでは早速、Seesaa ブログを開設してみましょう!

 

1.『SeesaaBLOG』のページを開きます。

blog.seesaa.jp

 

2.右上にあるオレンジ色のボタン「新規登録(無料)」

  クリックします。

 

3.アカウント登録が表示されたらユーザー情報を入力します。

f:id:taka0522san:20170423012533p:plain

  興味のある分野以外は必須項目です。

 

4.利用規約に目を通して、一番下の青いボタン

 「利用規約に同意の上、アカウントを登録する」。

 

5.アカウント登録が完了しました。   

登録したメールアドレスにメールが届いていることを

  確認して、メール本文の『メールを受け取ったことを

  確認するためのリンク』をクリック。

 

6.これでブログの利用が可能になりました。   

Seesaa ブログへ」からトップページへ戻ります。

 

7.トップページが表示されたら、今度は右上の青いボタン

  「マイブログ」をクリックします。

 

 

8.ブログの新規登録画面であなたが作りたい  

 ブログの情報を入力して「ブログを作る」をクリック。

  ※ブログのタイトル、カテゴリ、ニックネーム、

   ブログ説明はあとからでも変更できます。  

 

  すでに使われているホスト名では登録できないので、

   その場合は自分の希望する別の名前を考えましょう。

 

 

これでブログが作成されました。

 

 

9.ブログの記事を投稿するには「新規投稿」へ進みます。

f:id:taka0522san:20170423012646p:plain

 

 

 

 記事を書いて「保存」でブログへ投稿されます。   

「プレビュー」で書いた記事を確認できます。   

 たくさんの記事を書いていきましょう!

 

f:id:taka0522san:20170423012659j:plain

 

ホスト名を考えるのに悩んだかもしれませんが、

スムーズにブログを開設することができたでしょうか?

 

まだの場合は、少しでもブログをやってみたい 気持ちがあるのでしたら、

ぜひ挑戦してみてください!

 

 

ネットビジネスに関するテーマでなくても、

日々の記録を書き留めていくことで 自己の成長を実感できたり、

記事数が増えていくにつれて達成感も感じられますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログアフィリエイターのあなたへ。 30記事書いてもブログのアクセスが 1日10人を超えない原因&明日から 出来るアクセスアップの3ポイント

大前提の話ですが、、、、、

 

まず、アクセスが増えないとお悩みのあなたに大前提のお話をしよう。

 

「いいから早くアクセスがアップするテク教えろよ」

「ぱぱっとやって、ガツンとアクセス倍増みたいなネタくれ」 っていう魔法のようなテクニック、裏技っていうのは無い。

 

そういうのを探してる時点でアクセスが集まるブログ作りは出来ない。 たしかにこのレポートではあなたのブログにアクセスが自然と集まってくる、 そのために何をすべきかってことをまとめてる。

 

でもそれは裏技とかやれば一瞬でアクセスが倍増するみたいな方法じゃない。 そうじゃなくて今から取り組めて、これからブログに記事を貯めて行くに連れて だんだんとアクセスが集まってくる。

 

 

その伸びしろを増やしていくための作業や、テクニックのお話ってことを前提としてねー。

 

どんなお悩みを解決できるのか?

 

もしあなたが今、

 

•もうブログに30記事は更新したのにアクセス全然来ない・・・

•読者さんが1日10人しか来ないorz どうやったら1日100人、1000人のようなブログになるの?

•何かが間違ってるんだろうけど、原因がわからないorz こんなお悩みを抱えてたら

•アクセスアップするためにやるべき基本の作業 •ブログを書く側と読者側の意識

•最低限覚えておくべきキーワード選び これらを1つ1つあなたにお届け。

 

基本的だけどこれからブログをやっていく上でずっと必要になること。 ここをしっかり押さえてもらえるようになってるよ。

 

アクセスがたくさん集まるブログとは?

 

まず最初に、 アクセスが集まるブログの条件 を知っておこう。

 

どういうブログがアクセスが集まるのか知っておけば、

何をすればそれに近づくのかっていう作戦もたてやすい。

 

 

そして、これは北っちも昔勘違いしてたけど意外とわかってないことが多い。 読者さんがたくさん来てくれるブログ。

 

読者さんがたくさん来てくれるブログの共通点ってなんだと思う?

 

 

ちょっと考えてみよう。

 

 

アクセスが多いブログの条件とは

 

ブログ、記事が 「読者の悩み、疑問に対して答えてくれているか。

 

オリジナリティだとか、文章の上手さとか、

 

デザインがかっこいいとかもあるけれど・・・ 突き詰めればここが全て。

 

 

 

読者さんは自分の知りたいこと、悩みを「検索」するんだよ。

 

検索した答えが載ってる記事を読みたい。 だから「答え」が書いてある記事は読まれるしアクセスも集まる。

 

ということは、今あなたのブログにアクセスが来ていないor少ない理由は 「読者さんが悩みや疑問を解決出来ていないから」 ということ。

 

まずはここを覚えておこう。

 

自己満足の日記だと、どれだけ毎日書いてもアクセスは増えないんだよ・・・。

 

 

ブログ運営者と読者の考え方のすれ違い。

 

「でも待って。記事書くときはちゃんと読者さんのことをイメージしてるし、

 

役に立つ情報や知りたいと思ってることを記事にしてるよ??」

 

うん、ブログをちゃんとやろうとしてる人は多分みんなこういう思いでやってる。

 

それはすげーいいこと。 ただね、

 

ブログを書く側(運営者側)と読者側は微妙にズレがある

 

ってことに意外と気づかない。

 

 

これに気づくまで北っちは時間かかったし、

 

気づかない間はなんで記事書いてるのに 読者さんが来てくれないのかわからなかった。

 

運営者の意見。

 

➡これは読者さんに是非伝えたい内容だ!!

 

(感情、気持ち) 読者さんの意見 

 

➡〇〇について知りたい、解決したい これ微妙に互いの考えが違うのがわかるかな。

 

えっとね、読者さんっていうのは検索をする=何か知りたい、悩みを解決したい。

 

 

これが大前提っていうのはさっき話した。

 

でも、ブログを書く側つまりあなたはその悩みを解決出来る+個人的に伝えたいこと っていうのが入る記事を書く。

 

で、この内容の順番が 個人的に伝えたいこと(思い、感情) が先に来てたり、

 

全面に押し出されてると読まれないことが多い。

 

 

有名なブロガーさんや、芸能人とかのブログは別。

 

その人自身の知名度が既にあって、その人のファンがブログに集まってるから。

 

 

一般的なブログにはブログ運営者のファンじゃなくて、 自分の知りたいことが書いてるかどうかってのが重要度が高い。 (※後々ファンになってくれることはある)

 

 

要するに、あなた(運営者)の個人的な意見よりも、

 

「情報、解決策そのものに興味がある」という状態ってこと。

 

 

だから、まずは読者さんの求めている解決策や情報を教えてあげること。

 

 

検索エンジン経由でのアクセスアップをしたいのであれば、

こういう記事を増やしていこう。

 

もしくは、お悩み解決の情報、方法+個人的な気持ち、試したこと の順番で記事を構成してみる。

 

 

これを続けて行くことであなたのブログ、もっと言えばあなた自身のファンになってくれる読者さ んも現れてくるので。

 

 

コラムや日記は書いたらだめなの?

 

こういう風に書くと

 

「ブログには日記記事(自分が書きたいこと優先)は書いたらダメなの?」 って

 

質問をよく頂くのでお答えしておくよー。

 

 

いや、日記自体は書いてもいい。 記事を書く練習にもなるし、 あなたのことをより深く知ることの出来る記事でもあるから。

 

ただ、日記ばっかりだとさっき話したように 読者さんが求めているものとズレるから、要はバランス。 最初は日記記事から練習と思って初める

 

。 ↓ だんだんアクセスを集める(読者さんの悩みを解決出来る記事)も書いて見る ↓ たまには日記記事も書いてOK。

 

8:2くらいの割合で2割は日記記事を挟んでいっても大丈夫。

 

 

アクセスアップのために今日から出来る3ポイント

 

 

1.毎日1記事更新

 

「え?」って思ったかもしれないけど、マジでこれ大事だからね・・・。

 

ブログを作ってすぐはまだ記事がない。

 

記事がないってことは読者さんが悩みや知りたいことを解決出来る可能性がないってこと。

 

単純に100記事あったら100パターンの読者さんのお悩みに応えられるってこと。

 

それが10記事しかなかったら・・・厳しいよね。

 

「でも、少ない記事でアクセスがめっちゃ多いブログもあるぞ!!」 って言う意見があるかもだけど、それはまた別。

 

 

あれはね、

• 記事を書く前の徹底的なリサーチ

• キーワード選定

• 読者イメージ

• ブログのレイアウト

SEO対策

 

っといったことをめちゃくちゃシビアにやってるから。

 

企業だったり個人でも経験がある方だったり。

 

少なくとも初めてのブログでそれと同じことが出来るかって言われると、難しいと思う よ。

 

2.キーワードを意識する。

 

読者さんが検索であなたのブログの記事に来てくれる以上、

 

キーワードはすごくすごく大事。

 

• 記事タイトル

• 見出し

• 本文

 

 

記事を作ってるこの3つに、きちんとキーワードは盛り込まれているか?

 

また、そのキーワードは読者さんが悩みや知りたいことを

調べる時に検索欄に入力する言葉かな??

 

かならずキーワードを考える時は、実際に調べてみること。

 

 

 

なんとなく推測でキーワードを入れてタイトルつけたり、

 

文章書いてたりしてない?

 

それ結構やばいからね?

 

 

基本的に最初はきちんと調べる癖をつけること。

 

 

 

 

その結果失敗したり、

 

めっちゃ当たりのキーワード(アクセスが来た)を見つけた経験があって こと推測が成り立つので。

 

失敗も成功も経験が少ない状態で、

 

推測だけで自読者さんのお悩みぴったりなキーワードを

 

毎回きちんと盛り込めないって。

 

 

使われるキーワードを調べるならgoodkeyword。

kitacchi869.com

 

 

3.スマホでの見え方をチェックすること

 

ブログのテーマにもよるけど、

 

スマホからあなたのブログが どう見えるのかっていうのはチェックしておこう。

 

 

スマートフォンが普及したのと、パソコンよりも手軽かつ 持ってる人が多いのでスマホでブログを読まれる可能性はとっても高い。

 

北っちが運営してるブログも複数あるけれど、

一番多いブログで9割がスマホからのアクセス。

 

他のブログでもパソコンとスマホの割合が1:1くらいかな。

 

サポートしている方でパソコンからのアクセスがメインっていう人もいるけど、 かなり少数派だしどっちみちスマホからのアクセスが0ではないので。

 

で、スマホからの見え方をどうチェックするかだけど・・・。

 

 

一番確実なのは記事を更新したら自分のスマホで確認すること。

 

画面のサイズはスマホ毎にばらつきがあるけど、

自分の持ってるスマホで確認するのが一番簡単。

 

記事でチェックするポイント。

 

「文章は変なところで改行されていないか?」 まずこれをチェックしてほしい。

 

スマホはパソコンよりも幅が狭いので、文章が詰まりすぎていないチェック。

 

目安としては1~3行で改行されているくらいがおすすめ。

 

 

 

周りからの意見を大切にしよう

 

もし可能であれば、知り合いにブログをみてもらうのがおすすめ。

 

ネット上でも、

リアルでもいいので客観的な意見を聞くことはすごく大事だし参考になるよ。

 

もちろん、

全部を受け入れる必要はなくて あなた自身が指摘されたことに対して

納得したものを改善したり、取り込んでみよう。

 

まとめ

 

•ブログは続けること。1日1記事更新!

•キーワードをしっかりリサーチ!

スマホでの見た目もチェックしておく。

 

 

これらを踏まえて日々のブログ更新を確実にこなしていってね。